• こだわり

    海津屋の麺づくり

    室町時代から能登や輪島に伝わる手延べの伝統技法を受け継ぎ、古くから伝わる特別なおいしさを現代にお届けしています。天候や気温に合わせて、水、塩加減を微妙に調節したり、生地を手で練ったり、足で踏んだり。独自の工夫と職人の勘が海津屋の氷見うどんを生み出します。今回お届けする初回お試しセットは、定番の細麺とつゆをセットにしました。

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 竭蛻晏屓縺願ゥヲ縺励そ繝・ヨ閾ェ螳カ逕ィ・切り取り-1-1024x1015.jpg

    細麺は、餅のような風味とつるつるとしたのど越しが特長で、海津屋の人気ナンバーワンを誇ります。大きめの鍋にたっぷりのお湯で茹で、冷水でうどんをよくしめていただくと、より一層おいしく召し上がっていただけます。つゆは、氷見うどんの風味を一層引き立てる本格派です。使いやすく一食分ずつ小分けの袋で、濃縮タイプになっています。クセになるおいしさをぜひお試しください。

    能登・輪島素麺の伝統製法

    富山県氷見市にある「氷見うどん」の製造販売会社です。能登・輪島素麺の「手延べ」の技を受け継ぎ、季節や日々の天候・気温に応じて、水・塩加減を調節して造り上げる氷見うどん。海津屋では麺の生地を踏む「足踏み」を繰り返し、「手延べ」の製法に独自の工夫を重ね、油を使わずに仕上げる「こだわり」は独特の強いこしと粘り、餅のような食感と風味を生み出しています。